オークスG1皆の予想です。

オークス・G1・枠順

 

1− 1 リリーノーブル  55.0川田将雅

1− 2 ラッキーライラック55.0石橋脩

 

2− 3 マウレア     55.0武豊
2− 4 トーセンブレス  55.0柴田善臣

 

3− 5 カンタービレ   55.0田辺裕信
3− 6 オールフォーラヴ 55.0和田竜二

 

4− 7 トーホウアルテミス55.0松若風馬
4− 8 サトノワルキューレ55.0M.デムーロ

 

5− 9 シスターフラッグ 55.0岩田康誠
5−10 レッドサクヤ   55.0福永祐一

 

6−11 パイオニアバイオ 55.0北村宏司
6−12 サヤカチャン   55.0松岡正海

 

7−13 アーモンドアイ  55.0C.ルメール
7−14 ランドネ     55.0内田博幸
7−15 ウスベニノキミ  55.0三浦皇成

 

8−16 ウインラナキラ  55.0大野拓弥
8−17 ロサグラウカ   55.0戸崎圭太
8−18 オハナ      55.0藤岡康太

 

2018・オークス

 

 

 

アーモンドアイVSラッキーライラックでいいんじゃない!?
距離がどうかだけど他に強い馬いるかなあ?
本命党の出番じゃないでしょうか。

 

2017・オークス

 

東京・芝2400メートル

日本ダービー、ジャパンカップ、オークスといった主要なGTレースが行われる東京・芝2400メートルは、
「JRAのチャンピオンコース」と言われる。

 

ホームストレッチのスタート地点から1コーナーまでの距離は約350メートル。
ゴール板を過ぎてから、1コーナー、2コーナー、向正面の半ばまで緩やかに下っていく。

 

その後急な上り勾配があるが、それを越えると3コーナーまで下り。
最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り坂(高低差2.0メートル)があり、
ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦となる。

 

2000メートル近く走った後に坂を上り、そこからさらに加速する必要があるタフな構造。
直線でのスピード能力、2400メートルをこなすスタミナ、
インを回る操縦性の良さといった、総合的な能力が問われるコースだ。

 

距離が長いだけあって枠順による成績の偏りはあまりないレース。
脚質別の成績はかなり偏っていて、最近は逃げ馬はほぼ連対していない。
差し馬の好走が圧倒的に多い。

 

アーモンドアイとラッキーライラックは強いよね。
でも他の馬たちも付け入る隙が無いわけじゃない。みんな距離経験も無いし。
先週はやや重のマイルで1:32:3が出るほどの高速馬場。

 

アーモンドアイの追い込みが届かないなんていう事があったら・・・
アーモンドアイは直線で手前を変えまくる癖があるから、早め先頭の競馬をしてしまうとソラを使うかも。
本命党も穴党も楽しめるレースかな。

 

 

3連単フォーメーション
1着 AラッキーライラックLアーモンドアイ
2着 AラッキーライラックLアーモンドアイ
3着 @BDEIP

 

1着 AラッキーライラックLアーモンドアイ
2着 @BDEIP
3着 AラッキーライラックLアーモンドアイ

 

24点・1000円ずつ・24000円

ラッキーライラックとアーモンドアイを信じます。相手は調教の動きが良かった馬を中心に。

+182,870

 

3連単1・2着固定
1着 Lアーモンドアイ
2着 Aラッキーライラック
3着 @DEGP

 

5点・4000円ずつ・20000円

 

アーモンドアイは強いと思う。ラッキーライラックもほとんどの馬と勝負付けが済んでると思うから、順番も固定で勝負!

-29,200

 

 

馬連
Aラッキーライラック
Lアーモンドアイ

 

1点・50000円

 

この2頭に勝てそうな馬が見当たらない。1点で行けるでしょう。

-46,900

 

 

3連複5頭BOX
@リリーノーブル
Aラッキーライラック
Bマウレア
Dカンタービレ
Lアーモンドアイ

 

10点・100円づつ・1000円

 

堅そうですね。アーモンドアイとリリーノーブルは目がクリクリしていて可愛いので応援してます。

+10,800

 

 

馬連
Aラッキーライラック
Lアーモンドアイ

 

1点・20000円

この2頭の実力が抜けてますよね。1点で勝負してみます。

+134,800

 

 

デカイの当てて肉食べましょう。

 

 

 

HOKUTO
のえるん

 

的中おめでとう

 

HOKUTO 投資24,000円 回収33,600円
のえるん 投資1000円 回収750円

 

アーモンドアイ強いね。
レース前に少し入れ込んでいて大丈夫かな?と思ったけど、前目の位置に付けてしばらくしたところでビシッと折り合った。
ルメールの腕もあるよね。

 

日本人ジョッキーだったら抑え込んで後ろから行っていたかも。
秋華賞に向かうなら3冠
濃厚だね。
凱旋門賞に行って欲しい気もするけど。

 

リリーノーブルはやっとラッキーライラックに先着したけど・・
さらに強い怪物が居た。いつも調教が良く見える馬。秋が楽しみ。

 

みんな馬券は惜しい・・
枠連だったね。
来週はついにダービー!がんばりましょ。

 

レース後コメント

1着 アーモンドアイ(ルメール騎手)

「勝つ自信がありました。完璧なレースでしたね。今日はテンションが高かったので、スタートして良いポジションを取りました。それからはリラックスして走って、直線に向いてから加速してくれました。2400mも問題なかったです。秋は3冠がかかりますが、2000mでも大丈夫そうです。海外遠征の可能性については、ポテンシャルが高く、特別な馬なので海外でもいけると思います。(お誕生日おめでとうございます、と言われて、メルシーと嬉しそうでした)」

 

(国枝栄調教師)
「最初にあの位置取りを見た時にはビックリしましたし、心配にもなりましたが、すぐに安心しました。レースは落ち着いて安心して見ていられましたが、とにかくホッとしました。この後は、秋に秋華賞で3冠を目指します。調教を積む中でこれはモノが違うと思いました。いい形でここまで来ていますから、この後も順調にいけるよう、やっていきたいと思います」

 

2着 リリーノーブル(川田騎手)
「レース前から話していた通り、今日は本当に馬の状態が良かったです。レースでは枠を生かしてスムーズな競馬が出来ました。最後までよく伸びていますが、勝った馬が強かったです」

 

3着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「スタートはいつも通りに出てくれたので、道中は折り合いだけ専念してうまく運べました。4コーナーで後ろを見た時にすぐ後ろに(勝ち馬アーモンドアイの)シャドーロールが見えたので、もうそこにいるのかという感じでした。直線では馬場のいいところに持っていってよく頑張りましたが、勝ち馬には敵いませんでした」

 

5着 マウレア(武豊騎手)
「前にアーモンドアイを見ながら、食らいついて行こうと思っていましたが、届きませんでした。最後まで頑張っていますが、距離が長いかもしれません」

 

6着 サトノワルキューレ(角居勝彦調教師)
「これまで強い相手と戦ってこなかったことが敗因かもしれません。時計が敗因ではないと思います。次走は休みを挟んでから考えます。凱旋門賞は使いません」

 

9着 オールフォーラヴ(和田騎手)
「初めての輸送ということもあり、イレ込んでいました。ある程度ポジションを取りに行きたかったのですが、取れませんでした。最後まで止まっていないので、距離は大丈夫だと思います」

 

13着 カンタービレ(田辺騎手)
「初めての大舞台でもテンションはそこまで上がらず、折り合いがついてリズム良く行けました。いい感じでは行けましたが、止まってしまったのは距離の影響かもしれません」